BPNは軟窒化も得意です

金型部品、量産品で汎用的に使われるSC、SK、SS、SPCC、SCM、SUM、PX、PXA、FC等の材料への窒化品質では、耐久を重視するスペックが一般的なのですが、ここ最近の状況を見る限り精度重視の要望も増えつつあるようです。

弊社のBPN軟窒化のシステムは、高度な品質要求に対応すべく高純度ガスを使用して、温度やガス雰囲気を各ポテンシャルセンサーで自動管理しておりますので、毎処理量に左右されずに一定の品質を維持できるようになっており、かつプラズマアシストによる均一な窒化層で仕上げることを実現しております。

お客様の要求品質に応えるべく、複数のパターンを効率よく配置して、短納期処理を実現しております。

高耐久重視型(SC、SK、SS、SPCC、SCM、SUM、PX、PXA、FC等)
※毎週2回の処理

バランス型(耐久+精度:SCM、SUM、PX、PXA等、その他はご相談下さい)
※毎週3回処理

精度重視型(SCM、SUM、PX、PXA等、その他はご相談下さい)
※毎日処理

旧世代型のガス系の窒化(軟窒化)や塩浴系の窒化での大きな膨張や外観性を改善したい、窒化処理後の仕上げ工程を省きたいなどあれば、是非処理をお試しいただきまして、実際にこの違いを確認頂ければ幸いです。

上記の材質以外では、オーステナイト系ステンレスの製品にも同様に対応することができますので、是非ご相談下さい。