会社概要

会 社 名

不二越冶金工業株式会社

設   立

昭和27年8月1日

代 表 者

代表取締役 山本 和寛

資 本 金

1000万円

本   社

〒211-0021
神奈川県川崎市中原区木月住吉町24-5番地(本社工場)
TEL (044)411-3188(代) FAX (044)422-4732

沿   革

1952.08現所在地に設立、鋳鍛造品の熱処理を行う
1957.10同所在地に表面処理工場(第2)建設、塩浴浸硫処理装置を導入
1960.12同所在地に熱処理工場(第3)建設、30t台車式焼きなまし炉2基設置
1961.10浸硫処理の研究で、中小企業輸出振興技術研究補助金を受領
1971.02日本工業規格表示許可工場の申請書を提出する
1971.09東部地区で始めて日本工業規格表示許可工場の認可を受ける 第371134号
1972.10米国IPSEN社が開発したナイテンバー処理(ガス軟窒化)装置を導入
1974.02イオン軟窒化処理装置を導入
1977.04IHI-IPSEN 真空熱処理炉(ガス冷却)を導入(1号炉)
1978.07IHI-IPSEN 真空熱処理炉(油冷及びN2ガス冷却)を設置(2号炉)
1979.07IHI-IPSEN 真空熱処理炉(ガス冷却)を設置(3号炉)
1985.05英国ルーカス社よりナイトロテック処理装置と処理技術を導入
1992.06PVDコーティング装置(NTH-1000)を導入、更新する
1992.121990年に開発したブイナイト処理装置を増設
1993.02真空洗浄装置(炭化水素)を設置しフロン洗浄を閉鎖
1994.09無公害ガスプロセスによる浸硫窒化処理技術であるエスナイト処理を開発
1997.11PVDコーティング装置を導入
1997.12DLCコーティング装置、DLC除膜装置を導入
1999.06DLCコーティング装置を導入
1999.07DLCコーティング工場他増設
2000.12IHI-IPSEN 流気式高速冷却加圧式真空炉真空熱処理炉(VUTK-524)を設置
2001.03ISO9002認証取得
2003.10真空ガスパルス窒化炉を導入
2004.07DLC成膜用イオン注入電源を増設、PCVD-DLC設備を導入
2006.10BPN処理1号炉を導入
2007.09BPN処理大型2号機を設備
2008.10BPN/OX複合処理炉を設備
2009.10BPN処理大型炉を増設
2014.12CPN処理炉を増設